MENU

第31回 設計・製造ソリューション展

設計・製造ソリューション(DMS2020)展への富士通 / DIPRO / iCADブース出展を中止いたします

日頃より弊社製品をご愛顧頂き誠にありがとうございます。
弊社は、お客様・パートナー企業の皆様の健康に配慮し
今般、新型コロナウイルスの影響が拡大している状況を鑑み、
設計・製造ソリューション展への出展を中止することと致しました。

ご来場を予定されていたお客さまには、大変ご迷惑をおかけいたします。
何卒、ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

ご挨拶

拝啓 寒冷の候、貴社ますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。
平素より弊社に対し格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

さて、来る2020年2月26日(水)~28日(金)の3日間、幕張メッセにてリード エグジビション ジャパン社主催の 『第31回設計・製造ソリューション展』が開催されます。

製造業における生産革新への取り組み、自動化や知能化への対応は先端のICT、AI、ビッグデータの活用を前提に グローバルな競争環境下で大きく進展しており、日本の製造業のお客様におかれては、生き残るための世界的な開発競争力確保に向けた持続的な挑戦を求められております。

弊社といたしましても、そうしたお客様の取り組みを強力にご支援させていただきたいとの思いで、富士通と共に日本の製造業のお客様の業務革新を力強く支援する各種ソリューションを厳選し、展示・デモ、及び講演を行わせていただきます。

ご多用のところ恐縮に存じますが、同封いたしました招待券をご利用いただき、是非とも弊社ブースへお越しいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

敬具

デジタルプロセス株式会社
代表取締役社長 柳沼 浩嗣

概要

参加方法

無料【無料招待券が必要です】

弊社ブースへご来臨いただける方を対象に無料招待券をご案内しております。
弊社営業部までお問い合わせください。
[営業部]TEL:046-225-3924
オフィシャルサイト

第31回 設計・製造ソリューション展

主催

リード エグジビション ジャパン株式会社

開催日時・会場

日時 2020年2月26日(水)~28日(金) 10:00~18:00 ※28日(金)のみ17:00終了
会場

幕張メッセ 国際展示場10ホール (小間番号:57-35)

【会場ブース位置案内図】


【アクセス】

● 京葉線:「海浜幕張」 駅下車 徒歩約5分
● JR 総武線・京成線:「幕張本郷」 駅からバス 約15分

会場までのアクセス

セミナープログラム

製品展示コーナー

DXを支えるサービス基盤
  • ものづくりデジタルプレイスCOLMINA
COLMINAでつながる
開発系ソリューション
  • 製造業向けハイ・レスポンスVRシステム DIPRO Xphere (ディプロ クロスフィア)
  • DIPRO VridgeR
  • NX / DIPRO EDAソリューション
  • Simcenter 3D
  • iCAD SX
  • iCAD MX
  • FJKSWAD for iCAD
  • モノづくりノウハウ活用術
  • MBDエンジニアリングサービス
  • 電子情報管理システム構築サービス
  • Liイオン電池システム開発支援サービス
COLMINAでつながる
生産系ソリューション
  • デジタル生産準備ソリューションVPS(MFG、GP4、IOC)
  • 生産技術ソリューション
  • リバースエンジニアリングサービス
  • GLOVIA iZ 生産 PRONES GX / GX HYBRID
  • AI活用 外観多面検査ロボット
COLMINAでつながる
技術情報管理系ソリューション
  • PLEMIAグローバルエディション
  • PLEMIA CDM
  • Teamcenter
  • 太字はDIPRO出展製品です。出展製品は変更となる場合があります。

メインステージ

全日
13:00 ~ 13:30

基調講演 I

『ものづくり立国の凋落 ~デジタルとAIの落とし穴~』

デジタルプロセス株式会社 フェロー 森 博己

1970年代に欧米を起源とするCAD ⁄ CAM/CAEなどデジタル化の流れを、いち早く取り入れた日本の自動車は欧米を抜き去るまでに発展しました。
自動車がデジタル化で成功した要因には、バリエーションの多さ、モデルサイクルの短さ、自由曲面が多い製品形状などの特徴に加え、設計行為を定型化することで、コンピュータに適した業務プロセスを構築し、効率化と期間短縮を達成できたことによります。
しかし、目先の効率化を追求するあまり、設計行為は細分化された流れ作業となり、試行錯誤の時間的余裕が失われています。
この打開策として最近特に注目されているAIについては、その期待値が過度であるばかりか、根底のAI基盤技術は米国や中国から周回遅れという現状を忘れてはなりません。
いつでも、どこでも、だれでも、同じ品質のものづくりを可能とするデジタル技術、過去の経験を否定するAI技術がもたらす行く末は、日本人のものづくりへのこだわりや情熱が失われた時代になるのではないかと、再考する機会になれば幸いです。

全日
14:30 ~ 15:00

基調講演 II

『つながる時代へ ~生技領域デジタル化の変遷と最新動向~』

デジタルプロセス株式会社 シニアアドバイザー 山田 龍一

3Dデータを核とする製品開発のデジタル化の進展により、上流部門で生み出されるCADやBOMをはじめとする高付加価値なデータ、そして全社的にレベルアップされたITインフラやITリテラシーといった基盤の高度化により、近年、生産技術領域のデジタル化は適用範囲を大きく拡げてきました。そして、グローバル化や人手不足といった大きな環境変化に直面し生産革新を迫られる中で、その動きは更に加速し、新たな段階に進もうとしています。
製品設計から生産技術、そして生産現場へつながる、いわば縦糸の視点、そして、個々のショップからプラント全体へとつながる横糸の視点から、生産領域に於けるデジタル化の変遷と最新の動向、そして現状の課題についてお話しします。目まぐるしく変わる外部環境、次々に登場するITソリューション、そして何より設備から人まで極めて多くの要素からなる生産システムの今後を考える上での一助として頂ければ幸いです。

全日
12:00 ~ 12:20
13:30 ~ 13:50
15:00 ~ 15:20

特別講演

『CPSによるスマートものづくりの実現に向けて ~ COLMINA ~』

富士通株式会社 産業ソリューション事業本部 COLMINAビジネス推進統括部 シニアマネージャー 大倉 信昭
富士通株式会社 次世代営業本部 ものづくりビジネス統括部 プロモーション部 マネージャー 須川 朋司 

スマートものづくりの重要性は増すばかりですが、依然として施策や概念実証に留まっているお客様も多いと思います。
スマートものづくり実現に向け、如何に素早く取り掛かり、その後どう全体最適化し、どう育てていくのかがポイントになります。
このポイントに対し、製造業としての社内実践事例と共に弊社がご提案するデジタルトランスフォーメーションを支えるサービス基盤 「ものづくりデジタルプレイス COLMINA」をご紹介します。

  • 講演時間については変更になる場合がございますので事前にご確認の上ご来場ください。

TOP