MENU

歯科技工 リモートワークシステム 歯科技工士のCAD作業リモート用ソリューション

概要

一般工業界では、リモートワークのセキュリティ対策として、ファイル暗号化ソフトウェア(DataClasys)を活用し、技術文書やCADデータ等の機密文書を送受信する際に利用されています。

歯科技工においては、2022年3月31日付けで、リモートワーク等に関する歯科技工士法施行規則の一部改正がなされ、2022年4月1日より施行されました。

歯科のリモートワークで想定される課題に対応できるよう、 DataClasysをベースにリモートワーク対応システムを開発し、DORA Plus / exocadに組み込みました。

想定される課題 ・データ漏洩防止・持出機器の転用保護・有資格者利用の制限→
システム開発で対応 ・exocadで保存したデータは全て暗号化(認証した作業のみ可能)・指紋認証デバイスで登録者に限定

【関連リンク】

YouTube ファイル暗号化管理システム「DataClasys(データクレシス)」紹介動画
ファイル暗号化管理システム「DataClasys(データクレシス)」紹介動画 (YouTube)
歯科技工 リモートワークシステムに関するお問い合わせ

システム概要

操作イメージ【送信】→操作イメージ【受信】

指紋認証デバイス(オプション)

指紋認証デバイスを使用し、登録した技工士以外は認証できない仕組みをご用意しております。

その他、注意事項

  • 本製品はサブスクリプション契約となります。
  • 当社製 DORA Plus、exocadが別途必要となります。
お電話でのお問い合わせ
デジタルプロセス株式会社 デンタルビジネス室
TEL: 046-225-3929

TOP