MENU

Solid Edge 3次元化の効率向上を図るためのミッドレンジ3次元CADシステム

機能紹介:ST10

Solid Edge ST10ご紹介

Solid Edge ST10ではリバースエンジニアリングなどのファセットに関する機能強化が行われております。

パーツ

ジェネレーティブデザイン(位相最適化)

形状変更の自由度が高い、位相の変化まで伴う最適形状を算出できるようになりました。

ジェネレーティブデザイン(位相最適化)
  • 指定した条件を元に解析をおこない、機能上必要な部分(取り付け穴等)を維持しつつ、材料を削減したメッシュ形状を作成します。

リバースエンジニアリング

ファセットボディからプレサイスボディを作成できるようになりました。

  • 元となるファセットに穴などがあったとしても、ファセットの状態で修正できます。
  • 本機能はシンクロナス環境でのみ利用できます。

メッシュベースモデリング

ファセットボディとプレサイスボディを同一環境で取り合え使えるようになりました。

メッシュベースモデリング
  • ファセットボディに突出しや切抜きなどの加工操作ができるようになりました。

3MFフォーマットに対応

3Dプリンタへのデータ出力用の3MFフォーマットが出力できるようになりました。

3MFフォーマットに対応
  • STLでは色情報は出力できませんでしたが、3MFフォーマットでは色情報の出力が可能です。

アセンブリ

ジオメトリ基準で構成要素をコピー

パーツの形状を基準にコンポーネントをコピーできるようになりました。

アセンブリ
  • 同一パーツ内の形状を基準としたコピーができます。
  • 右図では穴形状を基準に、同一パーツ内の別の穴に対してコピーしています。

アセンブリを1ボディ化

既存コマンドでアセンブリの1ボディ化を行えるように機能強化されました。

アセンブリを1ボディ化
  • [パーツをコピー]で、アセンブリの内部空洞を埋めた状態で1ボディ化できるようになりました。
  • [和]で、結合結果が非マニフォールドになる場合も1ボディ化できるようになりました。

3Dスケッチの機能強化

3Dスケッチで配管の経路を簡単に作図できるようになりました。

3Dスケッチの機能強化
  • 配管設計用オプションで経路作成に使用する「PathXpres」と同等の機能が、3Dスケッチに追加されました。

ドラフト

背景シートのジオメトリを認識

背景シートの要素のキーポイントを認識できるようになりました。

背景シートのジオメトリを認識
  • 図枠や表題欄といった背景シートの要素のキーポイントを、オブジェクトの作成や配置の基準として利用できるようになりました。

カスタム要素プロパティのPMI

カスタム要素プロパティをPMIで配置できるようになりました。

カスタム要素プロパティのPMI
  • ST9からカスタム要素プロパティをプロパティテキストに適用できましたが、ST10ではPMIも適用できるようになりました。

ビュー作成のアンドゥ対応

図面ビュー作成や更新に対してアンドゥが可能になりました。

ビュー作成のアンドゥ対応
  • ビュー更新をアンドゥした場合、ビューは更新前の状態に戻ります。
  • 主投影、補助投影、詳細、断面、ネイルボードなどの全てのタイプのビューでアンドゥできます。

データ管理

最新リビジョンに更新

ビルトインデータ管理で、表示されているコンポーネントを最新のリビジョンに更新できるようになりました。

最新リビジョンに更新
  • 新しいリビジョンがあるものはハイライト表示、ないものは半透明もしくは非表示となるため、更新対象のアイテムを簡単に選択できます。

関連する図面を開く

ビルトインデータ管理で、ドキュメントに関連する図面を開けるようになりました。

関連する図面を開く
  • アクティブドキュメント、もしくは選択したドキュメントに関連する図面を開けるようになりました。
  • 関連図面が1枚の場合はそのまま開きます。
  • 関連図面が複数の場合はダイアログから選択して開きます

TOP