MENU

Space Vertex エンジニアリング支援ツール

新着情報

概要

自動車会社で長年鍛え上げられた「Engineering Tool」

画像提供:日産自動車株式会社様

Space Vertexは、自動車会社で長年鍛え上げられた「Engineering Tool」です。
大規模、かつ、複雑化する3D形状を高速に扱い、エンジニアリングに必要な情報をエンジニアに届けます。

Space Vertexの狙い

Space Vertexは、CADでは困難な以下の設計検討業務をサポートします。

  • CADでは扱えない大規模な検討業務
  • CADに機能がなく効率的に行えない検討業務

Space Vertexの特長

Space Vertexは、ISO国際規格の3Dフォーマット(JT)と高い互換性があり、形状はもとよりPMI、属性情報を損なう事なくデータを流通する事ができます。また、CADと同じ精度である形状データ (B-REP)を持つことで、Space Vertexで検討した結果を、CADに戻し編集する事ができます。

主な機能

類似形状検索

指定した3D形状と形が類似している形状を検索する機能です。3Dの特長をとらえた精度の高い検索を行うことができ、10万点の部品を数秒で検索することができます。また、あらかじめデータベースに属性を付加することで、検索結果から材質や原価など形状に関する様々な情報を閲覧することができます。

画像提供:日産自動車株式会社様

内突チェック

対象部品全体に対し、ひざモデルや頭モデルを衝突させ、接触位置の「曲率半径」が指定した条件を満たしていない箇所を自動で検出する機能です。
自動車開発などで安全基準が守られているかをチェックする作業を効率化することができます。

ひざ内突チェック

頭内突チェック

外装面抽出①

製品アセンブリから外装面をCADの面単位で抽出する機能です。外装面のみの軽量化されたデータにより、アセンブリ単位でのレイアウト検討を効率化します。また、抽出後の軽量化された形状をCADに戻す事もできます。

処理前→処理後

外装面抽出②

製品アセンブリから外装面を1つのポリゴンデータとして抽出する機能です。抽出後に形状の詳細度を調整することができるので、特徴形状をぼかしたセキュアな3Dデータを生成することが可能です。

処理前→処理後
処理前→処理後

空間抽出

アセンブリの空き空間を形状として抽出する機能です。空き空間を可視化する事で、より効率的なレイアウト検討を行う事ができます。

処理前→空き空間抽出後

最短ルート検索

指定された始点と終点間の空き空間から最短ルートを自動的に検索し、ルート上に形状を作成する機能です。

処理前→処理後

その他機能

干渉チェック
干渉チェック

形状比較
形状比較

2Dレイアウト検討
2Dレイアウト検討

断面計測
断面計測

荷姿検討
荷姿検討

イラスト
イラスト

入出力・動作環境

入出力

入力
3次元ファイル JT、CATIA(V4 / V5)、Creo(2.0/3.0)、Parasolid、IGES、STEP、STEP AP242、PLMXML、VRML、
STL、点群データ
2次元ファイル HPGL、CGM、TIFF
出力
3次元ファイル JT、CATIA V5、Parasolid、IGES、STEP、PLMXML、VRML、STL
2次元ファイル CGM、SVG

動作環境

クライアント

稼動環境
ハードウェア PC/AT互換機
対応OS Microsoft Windows 10 Pro 2004, 20H2, 21H1

32ビット版/64ビット版、日本語版/英語版に対応しています。

メモリ
推奨)
32bitの場合2GB以上
64bitの場合4GB以上
グラフィックボード NVIDIA Quadro 2000 (276.28, 331.82)
NVIDIA Quadro 4000 (331.82)
NVIDIA Quadro P2000 (21.21.13.7586, 23.21.13.9189)
NVIDIA Quadro P2200 (26.21.14.3170)
NVIDIA Quadro P4000 (21.21.13.7586)
NVIDIA Quadro P5000 (23.21.13.9077)
NVIDIA Quadro K2000 (331.82)
NVIDIA Quadro K4000 (331.82)
NVIDIA Quadro M3000M (10.18.13.5461)
NVIDIA Quadro M4000 (10.18.13.6191)
NVIDIA Quadro RTX 4000 (26.21.14.3170)
NVIDIA Quadro RTX 5000 (26.21.14.3170)
NVIDIA Quadro T1000 with Max-Q Design (26.21.14.4332)
Intel HD 3000 (8.15.10.2993 以上)
Intel HD 4000 (8.15.10.2712 以上)
Intel HD 4400 (10.18.14.4280)
Intel HD Graphics 515 (27.20.100.8854)
Intel HD Graphics 610 (26.20.100.7262)
Intel UHD Graphics 620 (27.20.100.9466)
AMD Radeon R5 Graphics (15.201.1301.0)
AMD Radeon R6 Graphics (15.201.1001.1005)
画面の色 32,768色以上
Microsoft Office Excel 2016
リモート接続、仮想環境でのご利用はサポート対象外になります

ライセンスサーバー

稼動環境
対応OS Microsoft Windows 10 Pro/Enterprise 2004, 20H2, 21H1

32ビット版/64ビット版に対応しています。

Windows Server 2012 Standard
Windows Server 2012 R2 Datacenter
Windows Server 2016 Datacenter/Standard
Windows Server 2019 Datacenter

上記のいずれも日本語版/英語版に対応しています。

メモリ 50MB以上
ネットワークカードは必須になります。
リモート接続、仮想環境でのご利用はサポート対象外になります。

TOP