MENU

TECNOMATIX

tecnomatix

Plant Simulation

概要

Plant Simulationは生産システムや生産工程のあらゆる段階の製品の流れ、設備・作業者の活用、物流の最適化を検証する生産シミュレータです。

加工時間と生産高の改善と決定

多彩なプロパティ設定で実際の設備・工程の状態を再現し稼動状況やボトルネックとなる工程を見える化することが可能です。ライン仕様、設備の検討・改善を容易にします。

レイアウトの改善

バッファの配置や容量、AGVや作業者の巡回経路などレイアウト検討にも役立ちます。

設備停止の影響

設備で発生する故障やメンテナンスによる停止などがラインに及ぼす影響の確認や必要な中間在庫数の検討などが可能です。

作業要員数の決定

工程に携わる作業者の設定により、作業要員数の決定や作業割付の検討に役立ちます。

機能

容易な操作性

シミュレーションモデルの作成は、オブジェクトと呼ばれる工程や設備を表すアイコンをモデルを作成するウィンドウへドラッグ&ドロップすることによりラインの構成を作成していきます。
オブジェクトには加工時間や故障時間などのさまざまな設定パラメータが用意されており、実際の工程の仕様を再現することが可能です。

最適化機能(Genetic Algorithm)

シミュレーション検討していく上で、いくつものパラメータを組み合わせ最善案を検討していきますが、パラメータの組み合わせで膨大な数になるシミュレーションパターン中から最善案を見つけることは容易ではありません。
Plant Simulationの最適化機能では、シミュレーションで目標とする値と変動可能な設定パラメータを設定することにより、あらゆるパターンのシミュレーションを自動実行で繰り返し、最適な解を求めることが可能です。

3Dビジュアライゼーション

いくつものシミュレーションを繰り返し検討していくようなシチュエーションでは2次元で実行することで高速にシミュレーションを行うことが可能です。
2次元シミュレーションモデルのオブジェクトに3次元データを割り付けていくことでシミュレーションモデルの3次元化を行うことができます。シミュレーション結果の報告などプレゼンテーションとして使う場合に3次元機能を使用しシミュレーションモデルのイメージを分かり易く伝えることが可能になります。

TECNOMATIXは、Siemens Product Lifecycle Management Software Inc.の商標です。
その他、記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

TOP