MENU

DIPRO VridgeR 設計から製造まで3Dデータ衝を強力にサポートします

DIPRO VridgeR V4.4をリリース ~2017年2月 リリース~

干渉/クリアランスチェック機能の強化

ネジの軸径縮小機能により、不必要な干渉を除外
動的クリアランスチェックにより、部品移動時の隙間チェックが可能

ネジの軸径縮小

ネジの軸径縮小
  • 部番や属性からネジ部品を特定、内部的にネジの軸部分を縮小します
  • ネジ干渉を除外することで、結果チェック件数を大幅削減します

動的クリアランス

移動部品のクリアランスチェック
移動部品のクリアランスチェック
  • 部品の移動中に、部品間が指定クリアランス値以下になると部品の色が変わり、クリアランス値/線が表示されます
  • 手や工具が入る隙間を考慮した部品移動を検証できます

CATIAクロスハイライト対応

3D図面参照に必須のクロスハイライトに対応

クロスハイライトによる要素のハイライト
クロスハイライトによる要素のハイライト

 VridgeR上でアノテーションをピックすると、関連する要素(面や線、形状)がハイライトされます

 要素をピックすると、関連するアノテーションがハイライトされます

 複数要素に関連付けられたアノテーションを漏れなく確認できます

最小ボックス作成機能の追加

製品を内包する体積最小の直方体を自動で算出

最小ボックス機能による最小サイズ
最小ボックス機能による最小サイズ

 製品形状から、縦、横、高さが最小となる直方体の外形線と外形寸法が求められます

 荷姿検討で製品の最小サイズから、積込み可能な個数を求めたり、高さ、奥行き、幅が最小となるプレス方向の検討を効率的に行えます

VridgeR ACT新コンポーネントのご提供

VridgeR ACTは、誰でも、どこでも3Dデータの利用を可能にします

 IEやExcelに組込んで、3D形状・PMI/属性の表示・操作を行えます

 VBなどのプログラムに組み込むことで、ボタンサイズ等をカスタマイズ可能で、タブレット端末でも容易に3D形状・PMI/属性の表示と操作が行えます

IEに組込んだVridgeR ACT
IEに組込んだVridgeR ACT
VBプログラムに組込んだVridgeR ACT
VBプログラムに組込んだVridgeR ACT

OS/CADバージョンアップへの対応

 Windows 10に対応

 CATIA V5-6R2016(R26)読込みに対応

掲載されている画像のデータは、日産自動車株式会社様、キヤノン株式会社様のご提供によります。
VridgeRは、デジタルプロセス株式会社の登録商標です。
その他、記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

TOP