MENU

DIPRO VridgeR 設計から製造まで3Dデータ衝を強力にサポートします

DIPRO VridgeR V4.6 機能紹介

アンダーカットの追加

抜き方向から見た製品形状のアンダーカット部分を検出/可視化

  • 抜き方向から見た形状のアンダーカット部分を検出、検出箇所は、赤色で塗りつぶし可視化します
  • 可視化により樹脂金型の見積で重要となる「アンダーカット部分」を抜け漏れなく確認でき、見積精度向上/検討期間の短縮を図れます
形状の折り返し部分。アンダーカット部分を赤く色づけ

線、円弧作成機能の強化

線や円弧線を容易に作成可能

  • 指定された1点/円弧/3点から円弧線/中心線を作成します
  • 指定点から矢視方向に線を作成します
  • 指定された2直線からマトリックスを作成します

指定点①・指定点②・指定点③・円弧と中心線
3点指定による円弧/中心線作成

指定点・指定点から矢視方向の線
矢視方向への線作成

肉厚チェック結果をグルーピング/リスト化

肉厚チェック結果を固まり毎にグルーピング、結果を複数で表示

  • 部品で検出されて肉厚結果を固まり毎にグルーピングします
  • グルーピングされた箇所毎に肉厚チェック結果として、リストに登録します
  • 判定結果、検討内容を各肉厚チェック結果リストに追加することで、レビューの内容を記録できます
部品の肉厚チェック結果・肉厚の検出箇所毎に検討結果を記載
結果をグルーピング毎に表示、肉厚チェック結果一覧に登録

CADバージョンアップへの対応

CATIA V5-6R2018(R28)読込みに対応

SolidWorks 2018 (64ビット版)読込みに対応

JT10フォーマットに対応

掲載されている画像のデータは、日産自動車株式会社様のご提供によります。
VridgeRは、デジタルプロセス株式会社の登録商標です。
その他、記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

TOP