MENU

DIPRO Xphere(ディプロ クロスフィア) 製造業向けVirtual Reality

DIPRO Xphere ご活用例(製造業におけるVRの活用事例)

「DIPRO Xphere」は、設計DRやレイアウト検討、組み立て・保守における作業性の検証に有効です。

デザインレビューにおけるご活用例

自動車のハーネス経路周辺を確認

※ご提供:日産自動車株式会社様

設計段階のデザインレビューにおいて、部品を掴んだ手が入るか、組み付け時に工具が届くか、無理のない作業姿勢かといった検証に活用されています。

また、実機では行えない構造物に入り込んだ検証も行えます。例えば、構造内部のハーネスと周辺の「干渉の有無」や「隙間が確保されているか」なども容易に確認することができます。

デザインレビューの精度向上により、手戻り工数、施策回数を削減し、開発期間の短縮・コスト削減を実現しています。

製品の組み立て、保守におけるご活用例

アクセス性検証・作業姿勢検証

※提供:iCAD株式会社

組み立て、保守作業において、作業箇所が見えるかといった視認性の検証や、使用する工具が作業対象の部品に届くかといったアクセス性の検証、また、その時の作業姿勢に無理がないかの検証に活用されています。

VR空間で、部品やユニットの位置を変え、作業空間が確保できるかといった検証にもご利用いただけます。

工場レイアウト検討・作業工程設計におけるご活用例

仮想工場をVR空間に再現(VPS GP4動作連携)

仮想工場に入り込み、実作業では立ち入ることができない場所からの目線で確認することで、現場カイゼンの新たな気付きを得られています。また、作業者目線で、他の作業者や設備との距離に問題が無いかと言った作業エリアが確保できているかを人の感覚で検証することに利用されています。

VPS GP4で検討した作業者や設備の動きをVR空間に取り込む事ができるため、数値評価に加え体感型の事前検証を実現し、完成度の高い工程設計が行えます。

設備づくりにおけるご活用例

メカ全体の動きをVR空間に再現(VPS IOC動作連携)

装置の立会いや導入時に発生していた操作性、視認性、作業性に関わる問題を、設計段階から、実際の作業者がVRで確認、検出することで、手戻りを無くし、開発期間とコストの削減を実現しています。

また、Xphereは、VPS IOCのメカの動きをVR空間に取り込む事ができるため、メカ同士がぶつかることによる破損や、作業者とメカとの接触によるけがを気にすることなく、実作業と同様の条件で、メカの制御検証、作業者とメカとの接触検証が行えます。

詳しくは

定期的に開催しております、Xphere体験会の中でも、詳しい内容や、Xphereのご紹介を行っております。
一企業様のみのプライベートセミナーになります。開催日程の確認、お申し込みは、以下よりお願いいたします。

Xphere 体験会ご案内

Xphere、VridgeRは、デジタルプロセス株式会社の登録商標です。
その他、記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

TOP