MENU

DIPRO Xphere(ディプロ クロスフィア) 製造業向けVirtual Reality

主な機能

基本機能

部品の移動/干渉・接触判定

  • VR空間で部品を掴み移動する事で、部品の取付け/取外しが行えます。また組付単位を定義することで、組付部品として部品移動が可能です。
    ※組付単位の設定は、デスクトップアプリで行います。
  • 移動部品と周辺部品との干渉をコントローラの振動により通知します。また、移動部品が干渉するとその場所に部品を停止させることも可能です。

部品取付け・取外し
部品取付け/取外し

干渉は、コントローラの振動で通知
干渉は、コントローラの振動で通知

VR空間内を水平・高さ方向に移動

  • VR空間で立ち位置を変更します。広い工場内や大規模設備の見たい箇所へ瞬時に移動、高さ方向への移動も可能ですので、高所での作業性検討も行えます。

ガイドサークル
ガイドサークルで指定した位置に移動

ガイドサークル
ガイドサークルで指定した高さに移動

空間位置の登録

  • 任意の位置を登録することができます。登録された位置は一覧表示され、選択することでその位置へ移動できます。
空間位置の登録

一覧から選択すると、選択された位置に移動します

立ち位置表示

  • VR空間での立ち位置を表示します。足元に立ち位置マークを表示することで、自分の位置が把握できます。
マークが立ち位置を矢印で向いている方向を表示

音声付マーク機能

  • VR検証中に指摘箇所にマークを付け、VR体験者のコメントを音声で記録できるようになりました。また、マーク画像を使い分け分類することで、指摘事項が把握し易くなります。
  • データを受け渡すことで、別の作業者や他部門の関係者も後からVR空間内で指摘事項が確認できます。
検討箇所毎にマーク画像を使い分け、音声を記録→Xphereデータ→別作業者がXphereで
指摘箇所、コメントを確認。ヘッドマウントディスプレイを装着せずにVridgeRでも参照可能。※VridgeR V4.8以降の対応

組立工順の確認

  • 組立工順をXphereに取り込むことで、VR空間で組立工順を確認できます。組立工順と形状が連動、部品組付位置をリアルスケールで確認できます。作業者視点での組立順番の検証が可能となります。

組付部品
組立工程の一覧表示

寸法・距離計測

  • 2点間の距離を計測します。メジャーを用いて計測するように、VR空間上で始点終点を選択します。

ラベルに距離を表示
2点間距離を計測

ユーザ工具表示

  • ユーザがあらかじめ登録した形状を工具として表示します。工具が入るかどうか等の検証が行えます。
  • ユーザ工具に手の形状を登録することで、VR空間に手を表示することができます。
    手の大きさ・動きを確認しながら手と周辺部品との干渉も検証が行えます。

工具の表示
工具の表示

手の表示
手の表示

DIPRO製品連携

動作連携

弊社製品で設定されるメカや装置、人の動作をVR空間上に再現することで、開発プロセスの初期段階から、メカや装置、人の動きと作業性の検証を同時に実施できます。

VPS IOC連携

  • XphereのVR空間に、VPS IOCで設定したメカの動きを反映させます。
XphereのVPS IOC連携機能をご利用いただくには、VPS IOC(V20L20R01以降)が必要です
VPS IOCで設定したメカ動作
Xphereで、作業者視点からメカ動作を確認
下記リンクでVPS IOC連携の詳しくご紹介しております
製造業のためのVR「Xphere」新バージョンリリース!~ VPS IOC連携 / レビュー機能の強化 ~

データ連携

VridgeR、VPSをはじめとする弊社製品のデータを直接取り込むことで、形状・構成・属性だけでなく、工程など各ソリューションで検討した結果をVR空間上に再現し、リアルスケールでの検証を可能にします。
今後も弊社製品との連携を追加予定です。

VPS MFGインポート
  • VPS MFGデータを取込み、形状、組立順番をXphereのVR空間で確認できます。
VPS MFGインポート
iCAD SXインポート
  • iCAD SXデータを取込み、形状、色、材質色をXphereのVR空間で確認できます。
iCAD SXインポート
DIPRO VridgeR連携
  • VridgeRのデータを取込み、形状、組立順番、アニメーションをVR空間で確認できます。
DIPRO VridgeR連携

マルチCAD対応

  • 様々なフォーマットの形状データをダイレクトにVR空間に取り込む事ができます。更に、構成情報・属性など設計意図を取り込むことができるため、様々な検討をタイムリーに行えます。
  • CATIA V5、JT、Parasolid、VRMLインポート機能をご提供しております。
    ※上記以外のCADデータフォーマットについても順次対応予定です。

デバイス対応

ManusVR社製グローブデバイス

  • VR空間上で指のトラッキングができるようになります。VR空間で指の動きを確認することで、より詳細な検証が可能となります。
VR空間で指の動きを再現
VR空間で指の動きを再現
こちらの機能は、研究開発中です。
掲載されている画像のデータは、日産自動車株式会社様、iCAD株式会社のご提供によります。
Xphere、VridgeRは、デジタルプロセス株式会社の登録商標です。
その他、記載されている商品名は各社の商標、または登録商標です。

TOP